グローバルナビゲーション

観光アプリ「まちりん」を使っての実証実験に「しながわ役立ち隊」が参加

更新日:2015年9月29日

外国人観光客に声をかけるガイドボランティア
打ち合わせ風景スマートホンに連絡が入る外国人観光客に英語でガイドするしながわ役立ち隊メンバー
区では9月24日(木)より27日(日)まで、シェアサイクルと観光アプリ「まちりん」、ガイドボランティアを活用した外国人旅行者に対する観光ガイドの実証実験を、旧東海道品川宿周辺で行いました。

これは、2020年の東京五輪・パラリンピック開催に向け、増加が見込まれる外国人旅行者を、地域の隠れた名所や商店街などに案内しようというもの。今回、株式会社電通国際情報サービスとタイアップし、対象エリアへの送客数・滞在時間の増減を計測し、施策としての有効性の検証を行います。

27日は、青少年地域貢献ボランティア「しながわ役立ち隊」のメンバー5人が参加。ベテランの観光ボランティアガイドとペアになり、ガイドを行いました。

ボランティアの持つスマホには「まちりん」を利用している旅行者が近くに来ると「あなたの近くに旅行者がいます」と通知が入るので、周辺を見まわしそれらしい旅行者に声をかけます。また、この日はしながわ宿場祭りが行われ、大勢の外国人観光客も訪れたので「まちりん」の利用者に限らず積極的にガイドを行っていました。