グローバルナビゲーション

大井消防団長が方面本部長賞受賞を区長報告

更新日:2015年9月29日

消防団長を中心に記念写真
区長に受賞報告をする消防団長消防活動を報告方面本部長賞受賞を報告
大塲幸穂大井消防団長と石川通孝大井消防署長が、9月29日(火)、濱野区長を訪問し、大井消防団が東京消防庁第二消防方面本部長賞を受賞したことを報告しました。

去る6月4日昼頃、大井消防署管内の南大井5丁目で、建物8棟291平方メートルを焼失する火災が発生しました。その際、地元の大井消防団第二分団をはじめとして、管内にある4つの分団から団員が駆けつけ、消防隊と連携し積極果敢に消火活動を行い、被害を最小限に止めました。

火災発生日の東京地方の最高気温は29.1度と、真夏を思わせるような炎天下でした。各団員は消防団長の命令のもとで、長時間にわたり安全管理に配慮しながら、消火活動や残火処理等に従事しました。

今回の第二消防方面本部長賞の受賞は、このような大井消防団員の火災防御活動に対して行なわれたものです。

大塲団長が、表彰状と当日の消火活動の写真を手に受賞報告をすると、濱野区長は「8棟も焼けた火災にも関わらず、けが人もなく不幸中の幸いでした。これも日ごろの訓練の成果と感謝いたします。本当にご苦労様でした」と消防団員の皆さんの活動を労いました。