グローバルナビゲーション

伊藤小学校3年生がタイ大使館を訪問

更新日:2015年10月19日

お礼に折り紙のゾウをプレゼント
タイ大使館の前で参事官からのあいさつ観光ビデオを見る子どもたち熱心にメモを取る児童大使館からのプレゼントを受け取る児童参事官から折り紙のお礼を受ける児童代表
伊藤小学校(西大井5-6-8 宮崎朋子 校長)の3年生64人が10月19日(月)、タイ王国大使館を訪れました。

これは、社会科見学の一環として、区内にある大使館に関心を持ち、その役割や国への理解を深めることを目的に実施したもの。伊藤小学校の3年生は、4月から社会科の学習を通して、品川区について学習を進めてきました。その中で、区内に11もの大使館があることを知り、大使館の様子や役割に高い関心を持ち、調べ学習をしてきました。

今回の大使館訪問にあたり、タイ王国のラニダー・シャムシャラーム参事官は「タイに関心を持ち、もっと知りたいと思ってくれることはとてもうれしいことです」とあいさつ。子どもたちの訪れを歓迎しました。

子どもたちは、大使館員からタイや大使館の役割についての説明を受け、観光ビデオを見たり、クイズに答えたりと、タイについてたくさん学びました。さらに、質問タイムには積極的に手を挙げ「タイに寺院はいくつありますか?」「タイの子どもたちの遊びは?」「なぜタイの男の子は出家するのですか?」など次々と質問していました。

また、タイ語の発音を教えてもらい、あいさつや料理名、タイでも人気の“ドラえもん”や“アンパンマン”などを声に出して学習。タイ王国を今まで以上に身近に感じたようです。

子どもたちは、参事官らからタイを象徴する動物“ゾウ”のキーホルダーいただき、タイ語で「コープクン クラップ」「コープクン カ」(ありがとう)とお礼を言い、お返しに、クラス代表の4人が、折り紙のゾウをプレゼントしました。

今回の大使館との交流は、日本にいながらにして小学生が外国の文化や生活に興味をもつ良い機会となりました。