グローバルナビゲーション

平成27年度 第1回 品川区消防団運営委員会

更新日:2015年11月6日

品川区消防団運営委員会の様子
消防署長委員会の様子防火防災協会会長委員長を務める濱野区長消防団長委員会の様子
平成27年度 第1回 品川区消防団運営委員会が11月6日(金)、区役所で開催されました。

消防団運営委員会は、品川区の消防団の組織整備を図り、その運営を円滑に行うために設置された機関です。委員には、区内の品川・大井・荏原の各防火防災協会会長や消防団長、消防署長、都議会・区議会議員などの方々に委嘱しています。

平成26年7月18日付で、東京都知事から委員長あてに「特別区消防団を更に充実強化するための入団促進方策及び活動力強化方策について」との諮問を受け、平成26年度から審議を始め、今回、3回目の開催となります。計4回の審議を経て、最終答申案を決定し、平成28年3月31日までに答申する予定です。

本日、議題審議を前に、委員長を務める濱野区長は、日頃の消防団活動に謝礼を述べ「消防団の皆様は、自らの防災活動だけではなく、地域の様々な活動をサポートする“防災リーダー”という重要な役割を担っていただいています。諮問内容の審議にあたっては、どのようにしたら、さらに活力ある素晴らしい消防団になるかを考えていただければと思います」と挨拶しました。

議題審議に入り、事務局である荏原消防署警防課長から、現況、課題および消防団員へのアンケート結果から“消防団への入団の促進”と“活動力の強化”の方策案について説明がありました。

質疑では、消防団が円滑に活動するための内容や、さらなる活動力をつけるための方策案などが話し合われました。