グローバルナビゲーション

品川区内一斉防災訓練を実施~ 区長が臨時スタジオから“緊急放送訓練”で初の生放送

更新日:2015年12月5日

区役所臨時スタジオからの生放送
訓練開始式本部会議の場で現場の職員からの報告を防災タブレットで受ける放送の切り替え操作をする職員訓練を行う職員浜川小学校避難訓練児童に話す濱野区長
東京都(品川区)に震度7クラスの地震が発生したことを想定した防災訓練を12月5日(土)、区内全域で一斉に実施しました。

今回の訓練は、同一の時間帯に区民および防災関係者が、それぞれの立場・状況に応じた訓練を実施することで、防災に対する意識や災害時の行動力を高めることが目的です。避難所32カ所、区役所、地域センター13カ所を会場として、一般区民約4,600人、区職員410人が参加しました。

今回は、訓練の一環として、防災センターに臨時スタジオを開設し、ケーブルテレビ品川(株式会社 南東京ケーブルテレビ)の放送を臨時スタジオからの映像に切り替える“緊急放送訓練”を初めて実施しました。

濱野区長が生出演し、今回の訓練を含め、日頃の区民の防災活動に感謝を述べるとともに、区が全戸配布した“わが家の防災ハンドブック”を紹介しながら「今一度、避難経路の確認や、地域の防災訓練に積極的に参加いただくなど、“防災への備え”をよろしくお願いします。区もしっかりと防災に備えてまいります」と伝えました。その他、避難所一覧の静止画や、録画した訓練開始式と災害対策本部会議の様子を動画で放送しました。

また、避難訓練会場の一つである区立浜川小学校(南大井4-3-27)では、児童の引取訓練やスタンドパイプを使った放水訓練等を、また、区立山中小学校(大井3-7-19)では、医療救護所の設置訓練を行うなど会場ごとに様々な訓練を行いました。

今後、区では、東日本大震災の教訓等を踏まえ、防災センターを体験型の普及教育施設に全面リニューアルします。平成28年3月11日(金)に「しながわ防災体験館」としてオープンする予定。区民が災害時に正しい行動力を習得し、自主的な防災活動の促進を図ります。