グローバルナビゲーション

平成27年度 交通安全功労者表彰式

更新日:2015年12月10日

交通安全功労者表彰式記念撮影
交通安全功労者表彰式での区長あいさつ表彰を受ける交通安全功労者小泉浩さんの謝辞
平成27年度品川区交通安全功労者表彰式を12月10日(木)、区役所で開催し、「一般運転者の部」で1人、「一般事業所の部」で2社、「営業所の部」で1社、「学校の部」で2校、「功労者、功労団体の部」で7人、2団体が表彰を受けました。

品川区は、昭和42(1967)年に人命尊重の基本理念に基づき「交通安全区」であることを宣言し、区民の皆さんの安全確保を第一に、春と秋の交通安全運動、交通安全区民のつどい、自転車安全利用キャンペーン等、様々な啓発事業を行っています。
交通安全功労者表彰もその一つで、長年にわたり交通安全の模範となってきた方や功績のあった方に対して、その功に報いるため毎年表彰を行っています。

濱野区長は「交通事故件数は減少してきていますが、交通事故のない社会を目指すことが行政の役割だと認識しています。しかし、交通事故の防止は、行政だけでなく、町会、学校、事業所など地域の皆さんのご協力が不可欠です。今後は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた道路環境の変化など、時代に対応した交通安全対策が求められてきます。これからも交通事故防止に、より一層のご尽力をお願いします」と挨拶しました。

また、受賞者を代表して小泉浩さんは「日頃の交通安全活動を認めていただき大変感謝しています。本日の受賞を励みとして、これからも安全な交通社会の実現に向け努力していきます」と謝辞を述べました。