グローバルナビゲーション

“伊達直人”から届いた3万円分商品券を児童養護施設へ寄贈

更新日:2016年12月28日

手紙と商品券
手紙と商品券を施設長に手渡す区職員課題について話す施設長と区職員
万円分の商品券が12月24日(木)、“伊達直人”(漫画「タイガーマスク」の主人公)を名乗る差出人から品川区役所に届けられ、翌25日(金)、区内の児童養護施設 品川景徳学園(旗の台5-25-19)に寄贈されました。

商品券に添えられていた手紙には、次のようなメッセージが書かれていました。

      親と一緒にお正月を
      むかえることのできない
      子供たちへ お年玉をあげて
      ください。
               伊達直人
               東京都 品川区 二葉より

同学園の伊藤浩 施設長は、「今日、クリスマス会がありますが、子どもたちへの素敵なプレゼントになりました」と感謝の言葉を述べました。また、区の担当者と、子どもたちの卒園後の生活支援や施設の人材確保など、現状と課題について話し合いました。

同学園は、児童福祉法に基づく児童養護施設で、平成22年4月から社会福祉法人 六踏園(ろくとうえん)が運営しています。