グローバルナビゲーション

平成28年成人式記念式典~二十歳だヨ!全員集合

更新日:2016年1月13日

成人式実行委員の11人
会場前で写メを撮る新成人新成人に激励を送る濱野区長式典に臨む新成人記念写真に興ずる新成人区長と記念写真を撮る実行委員メンバー記念写真に納まる中学校の同級生たち模擬選挙の様子タイムトラベルビンゴの様子ビンゴカードを手にする女性たち満員のイベントホールの様子恩師と記念撮影する城南第二小学校の卒業生記念撮影する浜川小学校の卒業生
品川区成人式記念式典が1月11日(祝・月)、きゅりあん(東大井5-18-1)で開催され、新成人約2,500人のうち約1,500人が参加しました。今年は、近年にない高参加率で、式典会場に入りきれない新成人が、会場ロビーのモニタで式典の様子を見る姿も見られました。

品川区の成人式は毎年、公募による区内在住の新成人が実行委員となり企画・運営を行っています。今年は11人(男性4人、女性7人)の実行委員が、9月から話し合いを重ねてきました。

式典は、品川女子学院吹奏楽部の華やかな演奏で幕を開け、濱野区長が、「成人ということは、大人になること。大人になるということは、自分で食べていくということです。やがて親元から独立して生活し、すべての責任を自分自身で負っていくことになります」と新成人を激励。大沢区議会議長が「成人式おめでとうございます。皆さん、日本人として、地球人として世界に羽ばたいてください」とお祝いの言葉を送りました。

実行委員会が企画したイベントは、幼いころ好きだったあの人にメッセージを送る“「好きでした」を伝えよう”コーナーや“タイムトラベルビンゴ”など、懐かしい思い出とともに盛り上がる企画がいっぱい。小・中学校時代の恩師と再会できる「成人と恩師~あの日々を思い出して」では、卒業写真と見比べながら成長した教え子に驚く教員や、久しぶりに会った同級生と写真を撮る姿などが見られ、恩師を囲んでの思い出話に時間が経つのを忘れていました。

その他、“シティプロモーションのロゴマークとともに記念写真を撮ろう”コーナーや品川区華道茶道文化協会による立礼式茶席も実施され、いずれのコーナーも賑わっていました。

また、今年から選挙年齢が18歳以上に引き下げられるため、二十歳からの選挙権を持つ最後の年代ということで、品川区明るい選挙推進協議会による選挙啓発「模擬選挙」にも多く新成人が訪れ、模擬投票を体験しました。