グローバルナビゲーション

障害のある人もない人も一緒に集まろう!「第3回スポーツ交流会」開催

更新日:2016年1月18日

第3回スポーツ交流会 ズンバ
第3回スポーツ交流会 トランポリン第3回スポーツ交流会 ガラッキー第3回スポーツ交流会 卓球バレーボール第3回スポーツ交流会 集合写真
障害のある人もない人も一緒にスポーツを楽しみ交流しようと「第3回スポーツ交流会」が1月16日(土)、区立戸越体育館(豊町2-1-17)で開催されました。

この交流会は、品川区スポーツ推進委員会が企画したもので、日頃スポーツをする機会の少ない障害のある人たちが、健康の維持・増進のため気軽にスポーツができる機会をつくり、様々な種目を体験してもらうとともに、障害のある人とない人が一緒にスポーツを楽しみ交流を図ってもらいたいという思いから始まったもので今回で3回目となります。

会場では、ハンドアーチェリーやトランポリン、風船バレーボール、卓球バレーボール、ダンスの一種である“ズンバ”、フライングディスクのコントロール力を競う“アキュラシー”、パラリンピック公式種目にもなっている球投げ“ボッチャ”などのさまざまなスポーツが行われ、子どもから大人まで100人を超える参加者が楽しみました。
参加者たちは、それぞれ興味のあるスポーツを体験し、声をかけあいながら笑顔で交流していました。中でもトランポリンは一番の人気で順番を待つ列ができるほどでした。
また、力のない子どもたちでも楽しめるように、スポーツによっては距離を短くしたり、補助具を使うなど工夫がされていました。

参加した高齢者の一人は「自分は小児まひだったので外で遊ぶ機会が少なかった。こんなイベントがあると知りとてもうれしいです」と話してくれ、卓球バレーボールやガラッキーなどを楽しんでいました。

このスポーツ交流会は、平成28年度も開催を予定しています。