グローバルナビゲーション

薬物乱用防止ポスター・標語展

更新日:2016年1月26日

「ダメ。ゼッタイ。」のぼり旗が掲げられた会場
会場風景いずれも力作が揃ったポスターポスター部門の最優秀賞標語部門の最優秀賞会場で配布中のパンフレット鈴ケ森中学校に贈られた表彰状
~ 薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」~

薬物乱用防止ポスター・標語展が、1月25日(月)から2月1日(月)まで、東京都薬物乱用防止推進品川地区協議会と品川区との共催で、中小企業センター1階ロビーで開催されています。

薬物乱用問題は、人間の生命はもとより、社会や国の安定を脅かすなど、人類が抱える最も深刻な社会問題の一つとなっています。乱用者の低年齢化への懸念や、危険ドラッグを使用した者の健康被害や二次的犯罪を起こす事例の多発等、深刻な状況が続いています。

このような状況の中、薬物乱用のない社会をめざして、薬物に手を出さない「ダメ。ゼッタイ。」を普及するために、青少年、とりわけ中学生に薬物乱用問題に対する関心、意識を持ってもらえるよう、平成11年度から毎年、中学生による薬物乱用防止ポスター・標語展を開催しています。

今年は、区内の中学生からポスター164点、標語263点の応募がありました。審査の結果、ポスター部門、標語部門、ともに最優秀賞1点、優秀賞5点が選ばれました。
ポスター部門の最優秀賞は、荏原第一中学校の長野千秋さんの「未来を壊す薬物乱用」をテーマにした作品に、標語部門の最優秀賞は、鈴ケ森中学校の立松さりあさんの「薬物の 恐怖と依存は 無限大」に決まりました。
また、本年度は鈴ケ森中学校が、東京都より薬物乱用防止活動率先校として選出され、表彰状を贈呈されました。

なお、会場では薬物乱用防止に関するパンフレットも配布していますので、是非、足をお運びください。

【薬物乱用防止ポスター・標語展】
日時:1月25日(月)~2月1日(月)午前8時~午後9時30分
   ただし、最終日は午後1時まで
場所:中小企業センター1階ロビー(西品川1-28-3)