グローバルナビゲーション

品川区新製品・新技術クラスターフェア 濱野区長も製品・技術をプレゼン

更新日:2016年2月5日

プレゼンテーションを行う濱野区長
会場の様子京浜工業所のダイヤモンド単結晶バイトジェイエムエスのピトー管をプレゼンする濱野区長富士セイラの防水ねじ三ツ矢のブース石川勝氏の特別講演の様子
第12回「品川区新製品・新技術クラスターフェア」が2月4日(木)、大崎ブライトコアホール(北品川5-5-15)で行われました。

このフェアは、区と品川ビジネスクラブが共催し、京浜工業地帯発祥の地である大崎で毎年開催されています。今回は、昨年6月にオープンした品川産業支援交流施設(SHIP)大崎ブライトコアホールで開催。品川区の助成金採択企業を中心に、ものづくり・ソフトウェア分野の最新・先端技術が展示されるとともに、出展企業20社によるプレゼンテーションも行われ、大手企業・研究機関等の来場者と活発な交流が行われました。

また、「ビジネス創造コンテスト(一般枠)」の最終プレゼンテーションも実施され、131件の応募から選ばれた9件の様々な社会課題を解決するための研究・開発アイデアが発表されました。厳正な審査の結果、株式会社Pyrenee 三野龍太さん「自分のクルマに簡単に付けられる、事故を防止する運転支援デバイスの開発と発売」が最優秀賞に選ばれました。

特別講演会は、愛知万博ロボットプロジェクトを手掛けた、東京大学IRT研究機構 石川勝プロジェクトマネージャーが「IT×RT、情報技術とロボット技術の融合で少子高齢社会に挑む!」と題し講演。多くの来場者でにぎわいました。

さらに、濱野区長が「メードイン品川PR事業」の認定製品・技術について、プレゼンテーションを行いました。平成27年度メードイン品川ブランド認定企業の製品4件を紹介。高い技術力が集積した品川の都市型産業をPRするとともに、区のシティプロモーションキャッチコピーの紹介も兼ね「わ!しながわ 品川の技術はすごい!」と締めくくりました。

【メードイン品川ブランド認定製品・技術】
・株式会社京浜工業所 単結晶ダイヤモンド精密任意曲線バイト(東大井2-13-8)
・株式会社ジェイエムエス ピトー管式流量計バーフローチューブ(西大井6-5-1)
・富士セイラ株式会社 防水ねじ「シールアップ(R)スクリュー(東大井1-3-25)
・株式会社三ツ矢 非磁性・高潤滑性・低接触抵抗めっき(西五反田3-8-11)