グローバルナビゲーション

品川シルバー大学 修了式

更新日:2016年2月5日

ハーモニカの伴奏に合わせて全員で「早春賦」を歌う
修了証を授与される石井さん修了証を授与される中澤さん修了式の司会を務める実行委員の皆さん濱野区長の式辞大沢区議会議長による祝辞修了生代表 堀川英嗣さんのお礼の言葉成果発表「やさしいフラダンス」の皆さん成果発表「コーラスの楽しみ」の皆さん成果発表「楽しもう!ハーモニカ」の皆さん作品展示・クレイフラワー作品展示・書道作品展示・筆ペン習字
平成27年度 品川シルバー大学修了式を、2月5日(金)、きゅりあん(大井町駅前)で開催しました。
品川シルバー大学の開校は平成5年。60歳以上の高齢者が人生の生きがいを求め、明るく健康でうるおいのある生活を築くための素養を培うとともに、長年培ってきた知識や経験を地域社会の中で生かしていくことを目的として始まり、これまで2万2千人を超える方々が学んできました。

シルバー大学は、多彩なテーマについて3年制で学ぶ「ふれあいアカデミー」と、春と秋、各半期ごとに趣味や実技を楽しく学ぶ「うるおい塾」があります。

本年度、これまでの区民大学、公開講座やシルバー大学等の各種講座を統合、体系化し、「生涯現役を めざして はじめよう 学び!」をスローガンに「しながわ学びの杜」としてスタートしました。

この日、修了式に先立ち、ふれあいアカデミーの修了証授与式を行いました。本年度の修了生は11人の皆勤者を含む116人。第21期生として、3年間にわたりいきがいや健康などのテーマについて幅広く学んできた方々です。出席者一人ひとりに副学長を務める安藤文化スポーツ振興部長から修了証が授与されました。

修了式には、ふれあいアカデミーとうるおい塾修了生等、約300人が出席しました。
修了式の第一部は式典。シルバー大学の学長も務める濱野区長は式辞で「シルバー大学といっても、皆さんを見ていると何がシルバーなのかと感じます。バリバリと活躍する皆さんは大変素晴らしく見えます。若さの秘訣は向学心、学ぶ姿勢です。これから修了後は、教える側に立って、企画運営あるいは指導者の立場でシルバー大学をお手伝いいただけるとありがたいと思います」とエールを送りました。

祝辞に立った大沢区議会議長は「区では今、2020東京オリンピック・パラリンピックに向けた地域づくりをしています。修了後は、皆さんが培った様々な知識、経験を地域で生かしていただくようお願いします」とあいさつしました。

最後に、修了生を代表して、堀川英嗣さんは3年間を思い出し、振り返り「シルバー大学で学んだ見聞、見識をいかして、今後の人生を豊かにしていきたいと思います」と御礼のあいさつをしました。

第二部は歓談とアトラクションです。うるおい塾修了生によるフラダンス、コーラス、ハーモニカの成果が発表され、会場は大いに盛り上がりました。また、会場には、うるおい塾修了生による、書道、筆ペン習字、クレイフラワー、折り紙等の作品が展示され、作品の前で記念写真を撮るなど交遊を深めていました。

最後に、全員でシルバー大学愛唱歌「明るい品川」と「早春賦」を斉唱し、和やかな中、修了式の幕を閉じました。

シルバー大学記録・修了記念文集「明日にむかって」から修了生の感想を紹介します。
定年退職後、日々退屈してボーとしていたが何か自分の目標を探していた時に入学したという女性は「3年間幅広い分野を学ぶ事が出来、視野が広がり本当によかったです。楽しく学び、とても有意義な時間を過ごせた事に感謝です。また一緒に学んだ仲間との交流も深まり嬉しい限りです。今後は学んだ事を糧に微力ですが、地域の中で自分なりに活かせられる様に頑張ってみたいと思っています。そして元気で明るくを第一に、歩んでいくつもりです」とつづっています。