グローバルナビゲーション

平成27年度 品川区民健康づくり推進協議会 活動報告会

更新日:2016年2月10日

報告会の様子
報告会の様子あいさつする大沢区議会議長報告会の様子あいさつする濱野区長報告会の様子あいさつする上野会長報告会の様子報告会会場の様子報告会の様子
品川区民健康づくり推進協議会が2月9日(火)、区役所で「平成27年度 活動報告会」を開催しました。

同協議会は、平成17年度に地域における健康づくりを推進することを目的に、医師会等の医療関係団体、区政協力委員会等の地域団体、品川区トリム体操連盟等の健康づくり実践団体から推薦された方、および町会・自治会等から推薦された地区健康づくり推進委員会の会長で構成され、区民の健康づくりを推進しています。

来賓として濱野区長は「誰もが健康でありたいと思うものです。きちんと健診を受けることと、健康増進のため日々 努力し、元気に活動できる健康寿命を延ばすことが大事。本日の報告会で各地区の良い取り組みをお互いに参考にしていただきたい」とあいさつ。

続いて、大沢区議会議長が「昨年4月、区では『健康プラン21』を策定しました。今後、高齢化が進む中、このプランに掲げた取り組みを進めていくためにも、皆さまの一人一人が自分の健康は自ら作るという意識が重要。今後も、継続し各地域で健康増進に取り組んいただきたい」とエールを送りました。

そして、各地区の代表が登壇し活動報告会がスタート。この1年間、「健康づくりの輪を広げよう」「良く笑い・良く歩き・感謝の心をみんなに」「元気で長生き」など 地区ごとに目標を決め、取り組んできた活動内容を報告しました。その内容は、健康講演会やウオーキングをはじめ、箸を使っての豆つかみゲーム、血管年齢測定、足つぼ健康教室、料理教室、歯の健康など様々。それぞれが講座・運動・食事・健康に対し創意工夫をこらしていました。

最後に、同協議会の上野正巳会長が「企画・運営が地区それぞれの特色を生かしたものとなっていました。また、区民まつりなどで健康に関する啓発活動もされている事例もあり、皆さんが地域の健康づくりに貢献されているのがわかりました」と講評し、「今後も、地域の仲間と一緒に楽しく健康づくり活動を進めていただきますようお願いいします」とあいさつし、活動報告会は閉会しました。