グローバルナビゲーション

チーム品川 第7回東京駅伝で総合18位

更新日:2016年2月12日

チーム品川選手団
東京駅伝ゼッケン東京駅伝スタートライン風をきって走る代表選手東京駅伝応援者(品川区教育委員会)東京駅伝応援ありがとうございました東京駅伝応援者(保護者)
東京都教育委員会主催の第7回東京駅伝が2月7日(日)、味の素スタジアム(調布市西町376-3)で開催されました。

東京駅伝は、都の中学校教育の一環として、中学生の健康増進や持久力をはじめとする体力向上、スポーツの振興および生徒の競争力の向上が目的。各区市町村の中学2年生から選抜された選手による市区町村対抗の駅伝競走で、当日は、全都より50チーム、男女合計2,100人の選手が参加しました。競技の内容は、男子は42.195キロメートルを17人で、女子は30キロメートルを16人で走り、タイムを競いました。

区内中学校から集まった8年生の代表選手たちは、昨年11月に荏原平塚学園で結団式を行い、10回にわたる厳しい練習を積み重ね、チームとしての団結を深めていきました。

大会当日は、選手全員が練習の成果を発揮するとともに、中島教育長をはじめ、品川区教育委員会や各学校の校長および教員、保護者の皆さまなど、多くの方々からの声援をいただきました。

結果は、男子が昨年の37位から20位へ、女子が28位から12位へと、総合順位も31位から18位へと大躍進を遂げました。

選手たちは「チーム品川」で心を一つにして、粘り強く頑張り抜いたことを今後の学校生活で生かすとともに、この大会の意義や駅伝の良さを後輩である7年生に熱く語ることで、来年度へと襷をつなげていきます。