グローバルナビゲーション

ボクシング世界王者田口選手が大崎駅周辺で特殊詐欺KOキャンペーン

更新日:2016年2月28日

夢さん橋をパレード
北口をスタート北口通路をパレード大崎ニューシティをパレードトークイベント区長あいさつ特殊詐欺KO宣言
「特殊詐欺ノックアウトキャンペーン」が2月28日(日)、JR大崎駅周辺で行われ、WBA世界ライトフライ級王者・田口良一選手(29)が参加し、特殊詐欺根絶を訴えました。

同キャンペーンは、品川区・大崎警察署・大崎防犯協会の共催。田口選手は、区内にジムを構えるワタナベボクシングジム(西五反田2-5-2)所属で、昨年12月31日に2度目の防衛に成功しました。今年1月には、11連続防衛中のWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志選手(36)、2連続防衛中のWBA世界スーパーフライ級王者・河野公平選手(35)、渡辺均会長とともに区役所を訪れ、濱野健 品川区長へ防衛成功を報告しました。
田口選手を含め、同ジムは平成24年10月から品川区の公募する自主的防犯活動団体(注)に加入していることから、今回キャンペーンの主役として白羽の矢が立ちました。

パレードには、地元区民のほか、濱野区長、品川区の防犯マスコット「しなぼう」、同ジムの練習生14人ら100人を超える人が参加し、横断幕を掲げて約500メートルを練り歩きました。

トークショーでは、濱野区長が「特殊詐欺は残酷な犯罪です。このキャンペーンを通じて、特殊詐欺根絶について区民の皆さまに広く伝えましょう」とあいさつ。渡辺会長は「少しでも役に立てばと思い、トレーニングの一環として、防犯たすきをつけながらロードワークを行っています。今日から、また気を引き締めて取り組んでいきます」と語りました。田口選手は、「私は大丈夫と思っている人が一番だまされやすい。少しでもあやしいと思ったら、家族などに相談してください」と力強く特殊詐欺根絶を訴え、全員で「特殊詐欺をKOしよう!」と宣言し、トークショーを締めくくりました。

(注)自主的防犯活動団体
品川区が平成24年度から取り組んでいる事業で、ボランティアにより地域に密着した防犯パトロール活動を実施する団体。同ジムではロードワークーク時に防犯たすき等を着用し、五反田、大崎、不動前のまちをパトロールしています。