グローバルナビゲーション

「しながわ防災体験館」内覧会を実施 ~一般公開は3月11日~

更新日:2016年3月9日

内覧会
ジージョくんと副区長スタンドパイプ体験避難姿勢体験
「しながわ防災体験館」内覧会が3月9日(水)、区役所防災センター(第2庁舎)2階で行われ、館内を報道関係者に公開しました。「しながわ防災体験館」は、3月11日(金)にリニューアルオープンを迎えます。

 平成6年に開設されたリニューアル前の施設「防災センター」は、3Dシアターなどの設備を導入し、災害の恐ろしさを伝えることを主な目的としていましたが、今回の改修によって、利用者が災害時の正しい知識や技術を習得し、防災意識を高めることができる体験型の普及教育施設として生まれ変わります。

 館内には、「防災展示」「初期消火体験」「要配慮者避難誘導体験」「シアター/ワークショップルーム」「避難姿勢体験」「応急救護体験」の6つのコーナーが設置されています。各コーナーにはタッチパネル式のモニターが設置され、訓練の解説映像やクイズを見て学習することが可能。字幕は日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語に対応しています。また、防災の基本理念の一つ「自助」にちなんで名付けられた、新しい防災課キャラクター「ジージョくん」も披露されました。

 桑村副区長は、「東日本大震災を経験して、地域の方々からの要望もあり、災害発生時の対応やスタンドパイプなどの使い方を体験できる身近な施設として整備しました。コンセプトは“体験”です。施設と同時に『しながわ防災学校』も開校し、防災についての知識を深めることもできます」と、同館について紹介しました。

 「しながわ防災体験館」の一般公開は、3月11日(金)午後3時から。当日は、明治大学の中林 特任教授による記念講演「災害に強いひとづくり・まちづくり」(午後3時30分~)も開かれます。また、翌12日(土)に開催される「品川区防災フェア」(午前10時~午後4時)でも、同館を体験することができます。