グローバルナビゲーション

しながわ花海道の“春の風物詩”菜の花が満開

更新日:2016年3月8日

満開の菜の花
菜の花と海鳥しながわ花海道の菜の花とミツバチ菜の花とランナー
3月8日(火)、勝島運河の護岸「しながわ花海道」(東大井2、勝島1)の菜の花が、暖冬の影響で例年より早く咲き始め、遊歩道を散策する人々の目を楽しませています。

 「しながわ花海道」は、平成14年に「勝島運河の土手をお花畑にしよう」を合言葉に、立会川商店街と鮫洲商店街が中心になって「しながわ花海道プロジェクト」を設立。運河の土手にある1.5メートル四方の区画およそ1,200区画に、地域の保育園や小学校の子どもたち、周辺住民、商店街関係者などが種をまき、四季折々の花を育てています。春には菜の花、シバザクラ。夏にはヒマワリ。秋にはコスモスなどが楽しめます。