グローバルナビゲーション

第32回品川区防災フェア 開催

更新日:2016年3月14日

ハイパーレスキュー隊
オープニングセレモニー初期消火訓練応急救護訓練ミニパトカー・消防車品川纏保存会はしご車乗車体験
第32回品川区防災フェアが3月12日(土)、区役所防災センター2・3階と第2駐車場、しながわ中央公園で行われました。

このイベントは、東日本大震災から得た教訓や思いを忘れないため、この時期に各防災関係機関と協力して開催しています。

しながわ防災体験館のワークショップルームで行われたオープニングセレモニーでは、長年にわたって区民消火隊員、ミニポンプ隊員を務め、地域の自助、共助の活動に貢献している区民へ、濱野区長から感謝状が贈呈されました。濱野区長は「自分たちのまちは自分たちで守るという気概をもって日頃活動されていることは、大変貴重なことです。これからも、日常の備えや訓練、後進の育成にご尽力ください」と感謝の言葉を述べました。

今回は、3月11日(金)にリニューアルオープンしたしながわ防災体験館をいち早く体験できるとあって、館内は多くの来場者でにぎわっていました。また、各会場で、各防災関係機関による防災・減災に関する普及啓発のための出展や津波ワークショップが行われたほか、品川纒(まとい)保存会による木遣(きや)り・纒振り実演、区内警察署による救出救助実演、消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー隊)訓練の特別イベントも開催。イベントを楽しみながら、防災について見つめ直す一日となりました。