グローバルナビゲーション

区立幼稚園で修了証書授与式

更新日:2016年3月23日

園庭ではしゃぐ修了児
修了証書授与区長挨拶保護者に修了証書を渡す園児笑顔の園児お別れの歌保護者園庭の花道在園児から花のプレゼント記念撮影
区立幼稚園の修了証書授与式(修了式)が3月17日(木)、各園で行われました。

 二葉幼稚園(二葉1-3-40)では、「ばらぐみ」「ゆりぐみ」の計70人一人ひとりに、渡辺園長から修了証書を授与。園児たちは、名前が呼ばれると大きな声で将来の夢を発表した後、渡された修了証書をもって保護者のもとへ行き「いつもありがとう」と恥ずかしそうに伝えていました。

 渡辺園長は、「自分の夢を持つことはとても大事なことです。夢に向かって毎日毎日努力する人になってください」と子どもたちへ言葉を贈り、保護者に向けて、「子どもたちに大好きだと伝えてください。そして、いつでも子どもたちの味方でいてください」と話しました。

 濱野区長は、「小学生になっても夢を追い求め、勉強や運動に力を注いでください。成長する中で夢は変わります。その時々の夢を実現できるように前に進んでいってください」と、子どもたちにエールを送りました。

 二葉幼稚園は、園舎内に二葉つぼみ保育園が併設された幼保一体施設「二葉すこやか園」として、幼稚園と保育園が連携し、0歳から就学前までの乳幼児期に一貫した教育・保育の方針に基づき、一人ひとりの生きる力を伸ばし、社会性や創造性を高める乳幼児の育成を行っています。また、小中一貫校 豊葉の杜学園が併設されていることから、日頃から園児と小学生が交流を深めています。

 修了式が終わると、在園児たちが園庭で花道をつくって修了児たちを見送りました。2階の校舎には小学生たちが駆けつけ、声を合わせて「おめでとう」と祝福していました。