グローバルナビゲーション

平成26・27年度 区政モニター離任式

更新日:2016年3月23日

区長との懇談会
区政モニターの活動を振り返っての感想冒頭あいさつする濱野区長区政モニターの活動を振り返っての感想懇談会で発言する濱野区長区政モニターの活動を振り返っての感想区政モニターの活動を振り返っての感想
平成26・27年度 区政モニター離任式が3月22日(火)、区役所で行われました。

 区政モニター制度とは、区民の皆さんに区政について理解を深めてもらうとともに、区政に対し意見・提案などをお寄せいただくことによって、区との活発なコミュニケーションを図り、よりよい品川区のまちづくりに役立てることを目的としています。

 区政モニターは2年の任期で、品川区に引き続き1年以上住んでいる20歳以上の方を対象に50人を募集。年4回行われたモニター集会では、区の主要施策・防災・産業・清掃のテーマにそって区の課題等の説明を受け、区政モニターの皆さんから区政への意見・要望を発表いただきました。その他、昨年オープンした品川産業交流支援施設SHIP等への施設見学会への参加や、モニターレポートの提出、モニターアンケートにもご協力いただきました。

 濱野区長は区政モニターの皆さんに「区役所は様々な区民サービスを提供しています。良質なサービスを提供するためには、お客様である区民の皆さまのご意見をしっかりとお聞きすることが必要です。これまで、区政モニターの皆さまからいただいたご意見・要望をこれからの区政に生かし、しっかりと区政を前に進めてまいります。2年間ありがとうございました」と感謝の言葉を述べました。

 区長との懇談では、区政モニターから「色々なことを勉強させていただき、とても楽しかったです」「区のことを知ってもらえるよう区も努力がもっと必要だと感じました」「23区のナンバーワンを目指してほしい」「もっと深い議論ができるような工夫が必要だと思います」など区政モニターの活動を振り返っての感想や意見が発表されました。