グローバルナビゲーション

春休みホッケー体験・観戦ツアー 親子で満喫

更新日:2016年3月26日

ミニゲームに熱中する子どもたち
ホッケー部員がマンツーマンで手ほどきみんな笑顔で記念撮影4歳児 華麗なるドリブルを習得低い体勢でドリブル特訓中ホッケー部員がマンツーマンで手ほどきホッケー部員らによるゲームを観戦する子どもたち
日本スポーツ界トップレベル競技「ホッケー」観戦ツアーが3月26日(土)、法政大学多摩キャンパス(町田市)で行われました。

 これは、2020年五輪・パラリンピック開催に向け日本スポーツ界の実力を肌で感じてもらい、夢と希望を持ち未来の檜舞台で活躍する意欲向上を図るのが目的です。平成27年度7回目の開催となる今回、区と(公財)品川区スポーツ協会が共催し、(一社)東京ホッケー協会と法政大学ホッケー部が協力。区内在住・在勤・在学の小中学生とその保護者ら約50人が参加しました。

 担当課長は、参加者に「ホッケーについて知って体験していただくことで、ホッケーを好きになってください。そして、2020年区内で行われる競技をより身近に感じ、2020年には、ぜひホッケーの試合を観戦しに会場まで足を運んでください」とあいさつしました。

 参加者は、事前に移動中の車中でホッケーの用具やルールなどの説明を受け、ホッケー国際試合のDVDを鑑賞。会場に到着すると、大学一部リーグ所属の法政大学ホッケー部のゲームを観戦しました。レベルの高い熱戦が披露され、得点が決まると参加者から大きな拍手が送られました。

 その後、参加者の多くは初心者であるため、同大学ホッケー部員が、実際にスティックの使い方などの基本をマンツーマンで手ほどき。参加者は熱心にドリブルやシュートなどの練習を繰り返し、ミニゲームとサッカーのPKにあたる“シュートアウト”にも挑戦しました。

 チラシをきっかけに申し込みをした女性は「小学2年生の息子と4歳の娘と一緒に参加しました。娘も上手にドリブルができるようになって、とても楽しそうでした」と笑顔で話していた。
 また、昨年に続き2度目の参加となった親子。母親は「体験コーナーの時間が多く、内容も昨年と比べ充実していたと思います」と今回のツアーを満喫した様子。区立鮫浜小学校に通う女の子は「ミニゲームではゴールを決めることもできたので、一番楽しかった。次もぜひ参加したい」と意欲をみせていました。

 区では、平成28年度も引き続き、区内の小中学生を対象に、区内開催競技であるホッケー、ビーチバレーボール、ブラインドサッカーを中心に、オリンピック・パラリンピック競技の観戦ツアーを行う予定です。