グローバルナビゲーション

第66回品川区民スポーツ大会開会式

更新日:2016年4月3日

品川区バドミントン協会の選手宣誓
第66回品川区民スポーツ大会開入場行進第66回品川区民スポーツ大会開区長あいさつ第66回品川区民スポーツ大会開参加団体第66回品川区民スポーツ大会開全景品川区柔道会のカップ返還第66回品川区民スポーツ大会品川区柔道会のカップ返還
第66回品川区民スポーツ大会開会式が4月3日(日)、区立総合体育館(東五反田2-11-2)で行われました。

 同大会は、スポーツに親しむ区民が日ごろ培った成果を競うとともに、スポーツを通じて交流の輪を広げ、生涯スポーツを推進することを目的に行われている品川区最大のスポーツの祭典です。今年度は50種目が行われ、延べ1万5,000人を超える参加が見込まれています。

 開会式には、品川区スポーツ協会の加盟団体と品川区スポーツ推進委員 約450人が参加。 濱野区長は「今年はリオデジャネイロでオリンピックが開催される年です。熱戦を見ることでスポーツへの愛着を更に深めてください」とあいさつし、「これから1年をかけて数多くの試合が行われますが、普段の練習の成果を存分に発揮してください」とエールを送りました。

 選手宣誓では、品川区バドミントン協会の伴野選手が大会にかける意気込みを力強く宣誓。今後、さまざまな競技の熱戦が区内各地で繰り広げられます。

 また、開会式ではスポーツ協会表彰も行われ、長年にわたる功績をたたえ、品川区クレー射撃連盟の吉田さん、同空手道連盟の田村さん、同ボールルームダンス協会の久津見さんに記念の盾が贈られ、更に、世界大会に出場する品川区卓球連盟の長澤さんが大会に向けての意気込みを語りました。