グローバルナビゲーション

日野学園で義務教育学校として初の入学式

更新日:2016年4月7日

1年生と9年生が手をつないで入場
西島校長のあいさつ濱野区長のお祝いの言葉PTA会長のお祝いの言葉在校生による歓迎のことば9年生の指揮、伴奏による学園歌斉唱行儀正しい新入生の皆さん
区立日野学園(東五反田2-11-1)で、4月7日(木)、新1年生93人の入学式と7年生154人の後期課程始業式が行われました。

 日野学園は、区内最初の小中一貫校として平成18年(2006年)に開校、昨年度末で10年の節目を迎えました。そして、4月1日、「学校教育法」の一部改正の施行に伴い、新たな「義務教育学校」として位置づけられ新たな時代に入りました。

 新入生は、吹奏楽部が演奏する「威風堂々」の曲と、在校生、保護者からの満場の拍手に迎えられ、1年生、7年生の順に入場です。ちょっと大きめに見える新調の制服に身を包んだ1年生は9年生と手をつないで入場するという、小中一貫校時代から続く日野学園伝統の儀式です。お兄さん、お姉さんと手をつないでちょっと緊張気味の1年生、新入生に気を配る9年生の姿が印象的です。
 自席に着き、担任の先生から新入生一人ひとりの名が読み上げられると、皆、会場に響く大きな声で「はい」と返事をし立ち上がりました。

 西島勇校長は、「今日の入学式には特別な思いがあります。日野学園から始まった小中一貫教育が、全国に広がり、その良さが認められて新しい制度“義務教育学校”ができました。日野学園も義務教育学校となり、新しいスタートをきりました」とあいさつし、新入生にはタンポポの花を例にあげ、「踏まれても、コンクリートの隙間でもたくましく花を咲かせるのは何故でしょうか、それはしっかり根を張っているからです。皆さんも日野学園でしっかり勉強し、根を育てて十分に栄養を吸収してください。そして、タンポポのようにたくましく力強い花を咲かせてください」と新入生に語りかけました。

 来賓として濱野区長は、「日本で初めての小中一貫校が日野学園から始まって10年。大きな節目の年になりました。義務教育学校スタートの年に初めての入学式。大変感慨深い思いをしています。うれしくてたまりません」と今の思いを語りました。そして、1年生には「校長先生の言うように早寝、早起き、朝ごはん、そして交通事故にしっかり気をつけてください」。7年生には「これからの3年間は大きく成長する大切な3年間です。しっかりと勉強し、身体を鍛えて成長してください。タンポポのように大きく根を張ってください」とお祝いの言葉を贈りました。

 2年生から6年生、8・9年生の代表7人による歓迎の言葉、9年生の指揮、ピアノ伴奏による、学園歌の斉唱と続き、式典は幕を閉じました。新入生は、最後に、吹奏楽部の「365日の紙風船」の演奏に合わせて、盛大な拍手の中で退場しました。
 なお、この日、区立中学校9校と義務教育学校6校で入学式が行われました。