グローバルナビゲーション

しながわ中央公園 サクラ”ウコン”が満開

更新日:2016年4月13日

ソメイヨシノを背景に咲く御衣黄
御衣黄の木語衣黄の一枝御衣黄の花のアップ
4月11日(月)、しながわ中央公園(西品川一丁目)でサクラとしてはめずらしい淡い黄色の花が咲く“ウコン(鬱金)”が満開となっています。

 ウコンは、サトザクラの栽培品種で古くから栽培されており、江戸中期の文献にもその名が見られます。名の由来はウコン染めの布の色に見立てたものと言われています。つぼみは淡紅色で、開花した花弁は淡い黄緑、散る間際の花弁の中心は紅色が目立つようになります。
 
 同公園には、この種の樹が2本あり、花びらを散らすソメイヨシノの間で満開の花を咲かせています。これから、シダレザクラも見ごろを迎えますので、ぜひご覧になってください。