グローバルナビゲーション

戸越公園駅周辺の2商店街が対決 「とごすぽ!!」開催

更新日:2016年4月18日

綱引き 南口商店会チーム
義援金箱区長あいさつ開会式駅前の様子スタンプラリーグルメ対決 そばグルメ対決 おこわグルメ対決 おこわ綱引き 中央商店街チーム
~熊本地震義援金箱も設置 東急・戸越公園駅周辺の2商店街合同イベント~

 東急大井町線・戸越公園駅周辺の戸越公園中央商店街振興組合(以下、中央商店街)と戸越公園駅前南口商店会(以下、南口商店会)によるイベント「とごすぽ!!~戸越公園 商店街対決~」が4月17日(日)、同商店街を会場に開催されました。

 このイベントは、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて機運を高め、地域の活性化を図ろうと地元商店街が企画したもので、平成26年に第1回目を開催後、企画内容を見直しながら今回で3回目を迎えました。今回は、戸越公園駅に隣接する2つの商店街がスポーツやグルメなどで対決する企画で、商店街を訪れた買い物客が自由に参加可能。
 開会式で、中央商店街の高村幸弘(たかむらよしひろ) 理事長は「今回は北海道をはじめ、全国のご当地キャラクターたちが集まってくれました。雨にも風にも負けず、一丸となって戸越公園のまちを盛り上げていきましょう」とあいさつ。応援に訪れた濱野区長は「2つの商店街が力を合わせて企画したイベントを楽しんでください」と話し、南口商店会の石田琢也 会長のホイッスルで“とごすぽ!!”が幕を開けました。

 スポーツ対決では、南口商店会が綱引き会場に早変わり。一般の参加者に加え、ご当地キャラクターたちも選手として参加し、商店街の意地とプライドをかけた綱引き合戦が始まりました。試合は2回行われ、結果は両商店街とも1勝1敗で勝敗つかず。決着は、来年に持ち越しとなりました。
 グルメ対決では、北海道北竜町とのコラボ企画として、同町の食材を使用した商品で両商店街が対決。中央商店街のそば店「兎庵(うあん)」による、同町のそば粉を使ったそばと、南口商店会の和菓子店「越路(こしじ)」による、同町のもち米を使ったおこわを、参加者が食べ比べました。
 そのほか、両商店街と戸越公園に設置されたご当地キャラクターのスタンプ全16個を集める「まらそんスタンプラリー」、ご当地キャラクターや買い物客がそれぞれの商店街を応援し合う「ごひいき商店街応援合戦!」など、様々な企画が用意され、戸越公園駅前は大いに賑わいました。

 スポーツ対決の綱引きに参加した男性は「商店街を会場に、大勢のキャラクターたちと一緒に綱引きできたのは珍しい経験でした」と、笑顔で感想を話していました。

 会場には、熊本地震の被災地への義援金箱も設置。集まった義援金は、後日、日本赤十字社を通じて寄付される予定です。