グローバルナビゲーション

障害者の自立支援のパン屋さん パン工房しなふく プチレーブ開店

更新日:2016年11月4日

開設式典の様子
カウンターで接客するスタッフ開設式典 テープカットの様子棚に並べられたパン開店準備をするスタッフパンを箱に詰めるスタッフプチレーブの営業車
障害者の自立支援を目的としたパン屋「福祉工場しながわ パン工房しなふく プチレーブ」(運営:社会福祉法人品川総合福祉センター)が4月28日(木)、東急大井町線 下神明駅近くに移転オープンしました。同店は、平成11年12月より南品川にある品川児童学園の隣で営業していたが、同学園の建て直しに伴い移転。新店舗で再スタートを切りました。

 プチレーブは、店員10人中5人が障害のあるスタッフ。同店では、パンの販売だけでなく製造も行っており、全員でアイデアを出し合って創作パンなども手掛けています。店頭には、おすすめの卵が丸ごと入った「ひょっこりたまご」や豊富な種類のサンドウイッチなど約50種類のパンが並んでいます。今後、近くにある区立中小企業センター(西品川1-28-3)内でも販売を予定しています。

 開店に先立ち行われた開所式で、品川総合福祉センターの市原理事長が「この場所は近くには公園もあり、新幹線、東急大井町線、JR湘南新宿ライン、横須賀線を見ることができます。おいしいパンを用意していますので、ぜひお子様連れで買いにいらしてください」とあいさつ。濱野区長は「障害のある方が努力しておいしいパンを提供し、お店を繁盛させることで障害者に対する理解も深まることと思います。がんばってください」とお祝いの言葉を送りました。

【福祉工場しながわ パン工房しなふく プチレーブ】
住所:品川区二葉1-6-1 廣浦ビル1F
営業日:月曜日~土曜日
営業時間:午前7時~午後6時
電話:03-6421-6633
FAX:03-6421-6603