グローバルナビゲーション

大崎第一地区町会・自治会連合会が熊本地震災害義援金を区に持参

更新日:2016年5月23日

義援金を手渡す近江会長(中)と伊与田副会長(左)
区の支援状況について話す濱野区長義援金の感謝を伝える区長手渡された大崎第一地区町会・自治会連合会からの義援金
区は5月18日(水)、熊本地震による被災地支援のための義援金を大崎第一地区町会・自治会連合会の近江清光会長と伊与田正志副会長から預かりました。

 区役所を訪れた近江会長は「被災地への支援は早い方が良いと思い、地域での声掛けで集まった義援金です。引き続き義援金は募っているので、集まったらお届けします」と報告し、この日までに集まった義援金を直接、濱野区長に手渡しました。

 濱野区長は「短期間に多額の義援金を集めてくださりありがとうございます。お預かりした義援金は、区が責任をもって被災された自治体へお届けします」と感謝の言葉を述べました。

 区では4月18日(月)以降、義援金箱を区役所本庁舎3階総合窓口のほか、区内13地域センターや体育館などに設置し、広く区民からの支援を受け付けています。熊本地震における義援金状況は下記からご覧ください。