グローバルナビゲーション

大井第一地区美化キャンペーン・感謝状贈呈

更新日:2016年6月7日

北浜川東町会
掃除する参加者パレードする北浜川西町会高林会長のあいさつ北浜川西町会の発表北浜川東町会の発表浜川中学校の生徒による宣言感謝状森さんのあいさつ記念撮影
大井第一地区の美化キャンペーンが6月5日(日)、東大井二・三丁目とみなみ児童遊園(南大井1-13)で行われ、担当町会の北浜川東町会(永井靖会長)と北浜川西町会(坂本恭子会長)の町会員や浜川中学校の生徒など、約100人が参加しました。

 今回で23回目を迎えた美化キャンペーンは、「品川区歩行喫煙および吸い殻・空き缶等の投げ捨ての防止に関する条例」に基づき、吸い殻・空き缶等の散乱防止、地域環境の美化推進、快適な生活環境の確保に向けて、地域住民の美化意識の高揚と啓発を図ることを目的に、毎年行われています。今年は担当の2町会が、それぞれの町会内で「やめて!ポイ捨て」ののぼり旗を掲げ、道路や植栽地などのごみを拾いながら式典会場となるみなみ児童遊園までパレードを行いました。

 式典で大井第一町会連合会の高(正しくははしごだか)林会長は、「美化キャンペーンを継続することで、地域の人たちが積極的に掃除をしてくれるようになりました。自分たちのまちは自分たちできれいにしていきましょう」とあいさつ。品川区清掃事務所の小林所長は、「次の世代を担う中学生も参加してくれました。地域の“わ”があるからこそ、今回のような活動を通して、地域の人間関係がさらに深まっています」と、日頃の活動に対し感謝の言葉を述べました。その後、各町会から美化推進計画が発表され、浜川中学校の米田さん、赤川さんが環境美化宣言文を朗読しました。

 また、長年にわたり地域の美化保全に貢献したことへの感謝状が、北浜川西町会の森敬子さんへ贈られました。森さんは、10年超にわたり、毎朝、しながわ区民公園のごみ拾いなど清掃活動を行っています。「私はただ、みなさんと一緒に美しい公園を歩きたいだけです」と話す森さんは、友人たちとごみ拾いをしながらしながわ区民公園を散歩し、隣接する“しながわ花海道”で季節の花々のお世話をするのが日課だそうです。