グローバルナビゲーション

しながわ防災学校「防災区民組織コース」開講

更新日:2016年6月25日

防災区民組織コース開講
授業の様子防災区民組織の努めと役割ワークショップしながわ防災体験館の見学ベッドから車イスへの移乗体験車イスでの悪路移動体験
「しながわ防災学校」(平成28年3月11日開校)の「防災区民組織コース」が6月25日(土)、区役所防災センター2階の「しながわ防災体験館」で開催され、大崎地区の防災区民組織のメンバーなど26人が参加しました。

 「しながわ防災学校」は、防災区民組織、事業者、区民のための学校。品川区災害対策基本条例に示す“努め”に応じて、災害の予防・応急・復興対策においてそれぞれどんな“役割”を果たすのかを知り、各対策活動を実践できるようにするとともに、地域の活動の中心となる“しながわ防災リーダー”を育成し、地域防災力を向上させることを目的としています。

 カリキュラムとしては、対象者別に設定された「防災区民組織コース」「事業所コース」「家庭・区民コース」の3コースのほか、災害対策上の各種テーマを設定したテーマ型研修「防災カフェ」、実践力向上のための現地研修「地域実践コース(地域への出前研修)」を実施します。

 今回は、「防災区民組織コース」のなかでも地域防災リーダーを育成するため「地域防災ベーシックコース」が開催され、「防災の基礎」「災害発生直前・直後の対策」「避難所生活以降の対策」「地域で取り組むべき対策」というテーマについて、学校と同じように1限目から5限目までの時間割に沿って授業が進められました。

 受講生たちは、地震と風水害では避難方法が異なるなど、座学やワークショップで知識を深めたほか、会場となった「しながわ防災体験館」の設備・機能を活用し、要配慮者の避難誘導体験にも挑戦。西五反田六丁目町会の松尾 防災部長が、「頭で分かっていても、実際に行動できないといけない。災害時、地域の人や子どもたちが冷静に判断し行動できるように、日頃から防災への意識をもてるようにしたい」と話すなど、それぞれ“しながわ防災リーダー”としての気持ちを新たにした様子でした。

 品川区は、今回を皮切りに7月23日(土)までの毎週土曜日、地区ごとに同コースを順次開講し、さらなる地域防災力向上を目指します。