グローバルナビゲーション

区役所食堂で「日本勝つ!フェア~カツを食べて応援しよう!」メニューを提供

更新日:2016年8月1日

食堂入り口に掲げられたフェアのポスター
食事をする食堂利用者鶏カツ パルメジアーナ風特別メニューに掲げられた鶏カツ
第一弾はブラジル料理

 8月5日から開催されるリオデジャネイロ オリンピック・パラリンピックを前に、品川区役所内の食堂で、「日本勝つ!フェア ~カツを食べて応援しよう!~」と銘打ったメニューの提供が始まりました。
 品川区では、2020年東京五輪・パラリンピックで、区内で3競技が開催される予定のため、全区をあげてオリンピック・パラリンピックの機運を高めようと様々な事業を展開しています。

 応援フェアの第一弾は、8月1日(月)から5日(金)までの期間限定で、ブラジル料理「鶏カツ パルメジアーナ風」(ライス・小鉢・汁物付き、650円)です。ブラジルでは、パルメジアーナは一般的な家庭料理の一つで、チキンカツにトマトソースとパルメザンチーズを乗せて温め、溶けたチーズとトマトソースでカツを包みながら食べる南国ならではの料理です。
 なお、品川区内には、ブラジル総領事館があることから、区内で行われる様々なまつりやイベントに、サンバチームが参加したり、ブラジル料理のブースが開かれたりと日頃から交流を深めています。

 区役所に用事があった際、食堂を利用したという家族連れは、「揚げた鶏とトマトソースの酸味が合っておいしかったです」。また、職員からは、「汗をかく夏の暑い時期にはぴったり」との声が聞かれました。

 品川区役所内食堂は、株式会社日京クリエイトが運営を担当。日頃から週替わりで「世界各国のアレンジメニュー」など豊富なメニューを提供しており、今回の企画もこの一環です。「リオデジャネイロオリンピックを盛り上げようという意味合いでブラジル料理を提供させていただきます。来週以降も、通常のカツ丼を沖縄カツ丼等に変えて、日本が勝つように応援メニューを考えています」と同社管理栄養士の坂元裕子さんは話しています。

【品川区役所食堂】
(場所)
  品川区役所(広町2-1-36) 第二庁舎2階
(開店時間)
  モーニングタイム:午前8時~9時 
  ランチタイム:午前11時~午後2時 
  喫茶営業:午後2時~5時