グローバルナビゲーション

8月27・28日 「とごしぎんざまつり」開催

更新日:2016年8月30日

戸越銀座商店街
一日店長饅頭まき宮崎県都城市物産展長野県飯田市物産展戸越盆友会による盆栽展示表彰式
第19回「とごしぎんざまつり」が8月27(土)・28日(日)、都内最長の全長約1.3キロメートルにわたる戸越銀座商店街で開催されました。

 平成10年から始まった「とごしぎんざまつり」は、戸越銀座商店街連合会(戸越銀座商栄会商店街振興組合、戸越銀座商店街振興組合、戸越銀座銀六商店街振興組合)が主催しています。まつりの会場となるのは、都内最長の商店街で食べ歩きスポットとしても有名な戸越銀座商店街。店先には様々な模擬店が立ち並び、恒例のスタンプラリーでは、各日先着900人にオリジナル手ぬぐいをプレゼント。また、地元の小中学校による演奏、ダンス、歌謡ショーなども各所で開催されるほか、ご当地キャラクターとのふれあいウオーキングイベントや小学生サッカー・バレーボール大会などが行われ、毎年多くの人で賑わいます。

 27日には、8月20日にオープンした福井県坂井市のアンテナショップで、同市出身のモーニング娘。OG 高橋愛さんが浴衣姿で一日店長に任命。任命式で高橋さんは、「戸越銀座商店街にアンテナショップができたことで、各家庭で坂井市の食材をおいしく食べていただき、坂井市のことを知るきっかけになればうれしい」と話しました。また、福井市で祝いごとの時に行われる風習“饅頭(まんじゅう)まき”にちなんで、来店者100人に高橋さんからまんじゅうが手渡されました。同アンテナショップ出店は、坂井市と品川区が、「特別区全国連携プロジェクト」として平成27年から連携事業を行っていることがきっかけ。「地方創生を核とした食と観光によるPRビジネス事業」として2年間限定でオープンします。

 28日には、小学生サッカー・バレーボール大会「戸越銀座カップ2016」も行われ、表彰式では濱野区長から各チームへトロフィーが手渡されました。