グローバルナビゲーション

熊本地震義援金を届けに熊本県東京事務所を訪問

更新日:2016年8月30日

義援金を渡す桑村副区長
熊本県東京事務所渡邉所長と話す桑村副区長
品川区は平成28年8月29日(月)、熊本地震で甚大な被害を受けた熊本県(熊本県東京事務所 渡邉純一所長)に、義援金500万円を届けました。熊本県への義援金は、これまでの分と合わせて1,236万8,072円となりました。

 この日、桑村副区長が熊本県東京事務所(千代田区平河町2)を訪れ、「熊本地震で被災された方々に心からお見舞い申し上げます。甚大な被害により、多くの方々が生活に困っている状況であるかと思います。引き続き、区民の皆様から多くの義援金を預かってまいりました。どうぞ、復興に役立ててください」とのあいさつ。区民からお預かりした義援金500万円を渡邉所長に手渡しました。

 渡邉所長からは、「品川区民の皆様からの引き続きのご支援をいただき、心から感謝申し上げます。皆様のご支援を力に、復興にがんばっていきます」とお礼の言葉がありました。

 今後も集まった義援金は、被災地の復興のお役に立てるよう届けていきます。