グローバルナビゲーション

本物の月の石が間近で見られる 五反田宇宙ミュージアム開催

更新日:2016年9月5日

アポロ17号船内作業着と宇宙服のレプリカ
月の石月の砂未来の月自動車1/3レプリカメッセージボード図書館展示コーナー50年前の教科書
区立五反田文化センター(西五反田6-5-1)で平成28年9月5日(月)から11日(日)まで、50周年記念事業 “五反田宇宙ミュージアム”を開催。特別展示「月への挑戦」として、宇宙開発と宇宙の謎に挑む人類の活動を紹介しています。

 目玉は、アメリカのアポロ15号、16号が持ち帰った「月の石」と旧ソ連の無人探査機ルナ24号が持ち帰った「月の砂」。月の“石”と“砂”が同時展示されるのは、関東では初となります。
 さらに、ロナルド・エバンス宇宙飛行士が、アポロ17号で実際に着用した「船内作業着」も展示しており、本物を間近でご覧になることができます。

 10日(土)・11日(日)の2日間は、宇宙服での記念撮影や隕石の実物に触れることができる体験コーナーやワークショップを開催します。また、併設するプラネタリウムでは、天文作家や天文解説員らによる特別講師投影や英語での星空紹介など、特別プログラムを無料で上映しますので、ぜひ、足をお運びください。

 2階の五反田図書館では、特集コーナー「読んで 聞いて 感じる宇宙」で、宇宙に関する小説から図鑑、写真集、雑誌、CDを展示・貸し出ししています。

 4階の教育総合支援センターでは、50年前の小中学校の教科書を展示。各社揃えていますので、ご自身が使っていた教科書と同じものがあるかもしれません。