グローバルナビゲーション

元プロ野球選手が清水台小学校で“オリンピック・パラリンピック教育&法教育”

更新日:2016年9月13日

質問に答える児童
ワークシートに記入する児童夢をかなえるコツに聞き入る子どもたち講師の西谷さん挙手する児童ら法教育 講師を務めた立正大ゼミ生法教育 児童の様子法教育の様子いいボールを投げるコツを伝授的に向かってボールを投げる児童
元プロ野球選手による「オリンピック・パラリンピック教育&法教育」が平成28年9月13日(火)、清水台小学校(旗の台1-11-17)で開催され、同校の全校児童が参加しました。

 3時間目の講師を務めたのは、かつて楽天イーグルスで活躍され、現在、立正大学法学部の専任講師である西谷尚徳さん。自らの野球人生における体験を織り交ぜながら、ワークシートやスクリーンを使い、夢をかなえるコツを伝授。西谷講師が「誰でも失敗はします。そして、その失敗を生かすことができるか」「習慣と準備をしっかりできると成功しやすい」「なぜ、どうして、といった疑問を持ち、考えることが大切」「あきらめず、継続することが大切」などのポイントを披露すると、体育館に集まった子どもたちは、懸命にメモをとっていました。

 引き続き4時間目は、法教育と運動のワークショップを開催しました。
 3年生以上の児童は会場を教室に移し、万引きを題材にしたワークショップ「法を身近に感じよう!」に参加。立正大学法学部の西谷ゼミ生の講師4人が、子どもたちに少しでも「法学」に興味を持ってもらえるよう寸劇を披露するなど工夫し、犯罪がどうして駄目なのか、過ちを犯すとどうなるのかなどを分かりやすく解説しました。
 また、1・2年生は、体育館で運動ワークショップ「いいボールを投げるコツ」に参加し、西谷講師から「バランス」と「タイミング」の2つが重要であることを直接学びました。