グローバルナビゲーション

しながわアーティスト展2016

更新日:2016年9月18日

歌う書道家
漫画家似顔絵人形作家&焼き菓子屋ワークショップアートカフェ特設ステージ神谷一郎氏の作品を見る男性スペシャルトークショーの様子平田オリザさん
「しながわアーティスト展2016」が平成28年9月17日(土)・18日(日)の2日間、大井町駅前のきゅりあん7階イベントホールなどで開催されました。

 このイベントは、品川区民芸術祭2016(期間:9月11日~11月27日)の企画展のひとつとして開催され、今回で8回目。「見て、感じて、しながわアート!」を合言葉に、品川を拠点に活動する新進気鋭のアーティストが一堂に集結しました。

 イベントホールには、作品展示広場、ワークショップ広場、飲食ができる“アートカフェ”が設置され、作品展示広場では、人形作家&焼き菓子屋、歌う書道家など個性的なアーティストたちが作品を披露。ワークショップ広場では、江戸時代から明治、大正まではやった、現代のプラモデルのような子どもの遊び“立版古(たてばんこ)”をつくる「オリジナル立版古を創ってみよう!」(対象:小学生以上、参加料:100円)と「しながわリアルすごろく」(当日参加可、参加料:500円)が行われました。
 アートカフェには、北品川の「クロモンカフェ」が出店し、北アフリカの羊シチュー“クスクス”などを提供。品川縣ビール(500円)の販売も行われました。

 隣接する特設ステージでは、落語やダンスなどのほか、18日(日)午前10時からは、劇作家・演出家の平田オリザさんによるスペシャルトーク「これからの文化拠点・社会包摂(ほうせつ)のあり方について」を開催。平田さんは「芸術の受け取り手も、積極的に感じ取ってほしい」などと、持論を展開しました。
 また、茶室や音楽スタジオでもパフォーマンスが行われ、会場を訪れた人は、思い思いに“芸術の秋”を楽しんでいました。

 同イベント以外にも、品川区民芸術祭2016の期間中、関連企画として「しながわアート巡り」が区内のギャラリー等で同時開催されているほか、番外編「しながわアーティスト7人展」が11月11日(金)~13日(日)、スクエア荏原(荏原4-5-28)で開催されます。ぜひ、各イベントに参加して品川の芸術を体験してみてください。

【しながわアーティスト展2016】
日時:9月17日(土)午後1時~午後8時、18日(日)午前10時~午後5時
会場:きゅりあん7階イベントホール他
料金:入場無料(一部有料)