グローバルナビゲーション

江戸時代にタイムスリップ おいらん道中

更新日:2016年9月24日

旧東海道を練り歩き
禿(かむろ)の女の子たち人力車で移動するおいらん濱野区長も練り歩きに参加大勢の見物客高下駄を履いて「外八文字」今年のおいらん5人おいらん道中練り歩き街路灯もおいらん道中仕様おいらん道中クライマックス
~第26回「しながわ宿場まつり」開催中~


 第26回「しながわ宿場まつり」が、平成28年9月24日(土)と25日(日)の2日間、旧東海道品川宿周辺の八ツ山(北品川1丁目)から青物横丁(南品川3丁目)で行われています。

 しながわ宿場まつりは、東海道五十三次で最初の宿場町として栄えた品川の伝統と文化遺産を若い世代に伝え、地域を活性化させようと始められた催しで、例年、両日で8万人前後の人出を記録します。主催は、北品川本通り商店会、北品川商店街協同組合、京急新馬場商店街振興組合、青物横丁商店街振興組合。
 期間中は、聖蹟公園(北品川2-7-21)で日本全国の物産展が一堂に会する「日本各地の恵み」やライブステージが行われています。

 24日は、大勢の見物人で賑わう「おいらん道中」を開催。今年は、しながわ運河まつり(4月9・10日開催)の「粋おんなコンテスト」優勝者と、36人の応募者の中から厳正なる選考によって選ばれた4人の計5人の花魁(おいらん)が、東海道八ツ山口(京浜急行線 北品川駅前)から品川橋(北品川2-30付近)まで約1キロメートルの道のりを、華やかな着物をまとい、高下駄を履いて、吉原流の歩き方「外八文字」で歩きました。

 明日25日の正午からは、「江戸風俗行列&交通安全パレード」が東海道八ツ山口をスタート。公募で選ばれた約100人が、武士・町人・町娘・岡引・飛脚などに扮して、品川寺(南品川3-5-17)まで約2キロメートルにわたり旧東海道を練り歩きます。そのほか、品川寺(ほんせんじ)で火渡り荒行と野点が行われます。