グローバルナビゲーション

平成28年度品川シルバー大学ふれあいコース「落語の楽しみ方」

更新日:2016年10月12日

扇子でソバを食べる真似
高座三之助師匠参加者の様子
品川シルバー大学ふれあいコースの講義が平成28年10月12日(水)、大井町駅前のきゅりあん7階イベントホールで開催されました。

 品川シルバー大学は、高齢者が生きがいを求め明るく、健康でうるおいのある生活を築くこと、また長年培っていた知識や経験を地域社会の中で生かしていくことが目的で、多彩なテーマについて3年間で学ぶ「ふれあいアカデミー」と、春と秋、各半期ごとに趣味や実技を楽しく学ぶ「うるおい塾」があります。

 ふれあいコースの第15回目となった今回は、区内在住の噺家(はなしか) 柳家三之助さんを講師に迎え、「落語の楽しみ方」をテーマに講義を行いました。

 三之助さんは、“噺家”と“落語家”の違いや“落語”“講談”“浪曲”の違いなどを分かりやすく解説。情景描写の説明がほとんどなく、噺家のせりふや細やかなしぐさなどで、人柄や情景が目に浮かぶように工夫されている落語について、「お客様が想像力を膨らませて作り上げる共同作業」と表現しました。最後に、落語も一席披露され、参加者は、生の落語を存分に楽しんでいました。

 柳家三之助さんは、ケーブルテレビ品川の区広報番組「三之助の笑顔いっぱい とっておきの品川」に出演中です。放送時間・内容、過去放送分の動画配信については、それぞれ以下のリンクをご確認ください。