グローバルナビゲーション

しな水“25歳の誕生日” ラッキィ池田さんがイルカショーをプロデュース

更新日:2016年10月19日

大ジャンプ
看板イルカと一緒にダンスイルカの迫力にびっくりイルカポーズをする子どもたちイルカポーズ一体となる会場
~しながわ水族館25thアニバーサリーフェア~

 しながわ水族館(勝島3-2-1)が平成28年10月19日(水)、開館25周年を迎えました。

 25回目の“誕生日”を記念して、タレントで振付師のラッキィ池田さんがイルカショーをプロデュースし、25周年特別バージョンのイルカショー「イルカとおどろう」として披露しました。ラッキィ池田さんは、参加型プログラムとして、振り付けだけではなく選曲から作詞まで全面的にプロデュース。使用する楽曲は、運動会でもおなじみのオッフェンバック作曲「天国と地獄」です。振り付けは、イルカの動きに合わせてジャンプしたり、体をくの字に曲げてイルカのポーズをしたり、子どもたちでも分かりやすい動きが中心になっています。

 ラッキィ池田さんから「25周年を迎えたしながわ水族館を盛り上げたいと思って考えました。一緒に踊りましょう!」と来場者へ呼びかけられ、イルカショーがスタート。子どもも大人も立ち上がり、一緒になってイルカとダンスを楽しんでいました。「わ、わ、しながわ!」と歌いながら口に手を当てておどる場面では、イルカも一緒に合唱。クライマックスは、上空に吊るされている「25th」と書かれたボールめがけてイルカが大ジャンプ。ラッキィ池田さんがプロデュースした振り付けや楽曲、歌が一体となり、会場全体は大いに盛り上がりました。

 ラッキィ池田さんプロデュースのイルカショー「イルカとおどろう」は、11月7日(月)まで開催されています。

 また、同館では10月22日(土)から、来場者とイルカが直接ふれあうことができる「イルカにタッチ!!」がスタートします。イルカ・アシカスタジアムの一部を改修し、参加者がプールサイドからイルカにふれたりえさを与えたりすることができるようにしました。実施時間は、平日の午前11時30分からと土日の午後1時から、各1日1回、約20分間。参加人数は各回5人。4歳以上から参加可能で、入館料とは別に参加費500円が必要になります。

 その他、25周年の節目を記念し、9月17日(土)から11月28日(月)まで「しながわ水族館 25thアニバーサリーフェア」と題して様々なイベントを実施しています。ぜひ、しながわ水族館にお越しください。

【今後のイベント予定】
・~11月7日(月) 杉浦太陽さんのプロデュース「タイヨウ系水槽」展示
・~11月7日(月) ラッキィ池田さんプロデュースのイルカショー「イルカとおどろう」
・10月22日(土)  松岡茉優さん(NHKドラマ“水族館ガール”主演)による一日水族館長
・10月22日(土)~ 1日5人限定「イルカにタッチ!!」
・11月11日(金)~11月28日(月) 柴田英嗣さんのプロデュース水槽展示