グローバルナビゲーション

平成28年度 8020・9016達成者顕彰式

更新日:2016年10月20日

謝辞を述べる達成者代表
賞状を受ける達成者代表賞状を受ける9016達成者代表品川地区8020達成者代表区長の祝辞荏原歯科医師会菅野会長荏原歯科医師会家田会長
(公社)東京都荏原歯科医師会・(公社)東京都品川歯科医師会が主催する「平成28年度 8020(はちまるにいまる)・9016(きゅうまるいちろく)達成者顕彰式」が10月20日(木)、中小企業センター(西品川1-28-3)で行われました。

 8020運動は、厚生労働省が歯の健康づくりを推進するために平成4年度から提唱している事業。品川区では、8020運動の意義を広く区民に周知し、区民の口腔健康管理の増進に寄与するとともに、9016顕彰を設けることにより、生涯を通じた歯の健康づくりを奨励することを目的に、両歯科医師会の主催で、8020顕彰を平成8年度から、9016顕彰を平成20年度から実施しています。8020は、80歳以上で歯が20本以上ある方、9016は、90歳以上で歯が16本以上ある方が対象です。

 本年度の達成者は計426人(8020達成者 380人、9016達成者46人)。最高齢は、大正5年生まれの100歳の方で、歯の本数は20本。夫婦そろっての受賞となった方も15組いました。
 
 顕彰式には、初めて受賞された方 83人が出席。達成者を代表して中島さんが「今後も口腔の健康にさらに留意し、後進の手本になるよう努力します」と今後の抱負を話しました。

 主催者の東京都荏原歯科医師会 菅野会長、東京都品川歯科医師会 家田会長がそれぞれ、歯の健康が全身の健康につながることに触れ式辞を述べた後、濱野区長は「この顕彰式に出席される方々はいつも元気で、こちらが元気をもらいます。元気で健康なのは、歯が丈夫だからなのでしょう。この受賞を機にますます歯を大事にしてお元気にお過ごしください」と祝辞を述べました。