グローバルナビゲーション

(仮称)品川リハビリテーションパーク及び品川区立図書館新築工事 起工式

更新日:2016年10月26日

完成予想図
祝辞を述べる濱野区長挨拶する 河野臨床医学研究所 横山代表理事祝辞を述べる 品川地区町会連合会 金子会長
(仮称)品川リハビリテーションパーク及び品川区立図書館新築工事の起工式が平成28年10月21日(金)、現地(北品川5-2)で行われました。

 この施設は、図書館と病院、介護老人保健施設で構成。図書館部分を品川区が、病院、介護老人保健施設を簡易型プロポーザル方式で選定された公益財団法人 河野臨牀医学研究所が整備・運営し、地域・小学校・図書館と連携した都市型地域包括ケアの中心施設としての役割を期待されています。

 建設地は、JR大崎駅から徒歩8分。区立御殿山小学校西側敷地と北品川五丁目第一地区市街地再開発組合から寄付のあった隣接地を合わせた2,279.82平方メートルの準工業地域で、建築面積は1,524.66平方メートルとなり、平成30年の5月の開設をめざします。

【工事概要】
施工場所:北品川5-2
敷地面積:2,279.82平方メートル
建築面積:1,524.66平方メートル
延床面積:11,581.36平方メートル
階数:地上8階地下1階
用途:図書館、病院130床、介護老人保健施設100床、通所リハビリテーション、訪問リハビリテーション、訪問看護ステーション