グローバルナビゲーション

くすりと健康フェア2016開催

更新日:2016年10月24日

にぎわう会場
無料相談 丁寧に説明薬学部学生が来場者に呼びかけ骨密度の測定親子連れの来場者に声かけ薬剤師によるアンケート調査学生によるアンケート調査
くすりと健康フェア2016が平成28年10月23日(日)、イトーヨーカードー大井町店(大井1-3-6)2階出入り口(東急大井町線改札側)前で行なわれました。

 毎年10月17日から23日までの期間を「薬と健康の週間」とし、薬物乱用防止、お薬手帳に記載された薬の服用方法や、健康食品と薬の違いなど、医薬品の正しい使い方および薬剤師の役割について、区民に周知することが目的。品川区と薬剤師会、星薬科大学が共催で行ないました。

 この日、保健所の職員、品川・荏原薬剤師会の会員が、薬の正しい服用や保管にあたっての留意点を含め、健康に関する街頭相談に応じました。また、今年は、薬学部のある大学(昭和大、星薬科大、ほか5校)から学生たち12人も参加。来場者に積極的に声をかけアンケートやパンフレットの配布など啓発活動を行いました。

 来場しアンケートに協力した親子には、バルーンアートをプレゼント。その他、血圧、体脂肪、骨密度、体成分、握力の無料測定コーナーも大勢の来場者でにぎわっていました。今回、骨密度を測定していた男性は「買い物に来たついでに測定してもらいました。正常値だったので安心しました」感想を話してくれました。