グローバルナビゲーション

しながわCSR推進協議会「課題別分科会(障害者に対する理解促進)」

更新日:2016年12月21日

発言する委員
資料を見る委員発言を聞く委員会議の様子
しながわCSR推進協議会「課題別分科会」が平成28年12月14日(水)、(社福)福栄会(東品川3-1-8)で開催され、会員企業の17企業18名、(社福)福栄会、(社福)げんき 障害者就労支援センターげんき品川が参加しました。

 しながわCSR推進協議会は「企業と区との協働で『私たちのまち』品川区をつくる」という理念に基づき、企業の社会貢献活動を推進することを目的に平成22年度に発足。発足時は品川区を含めて22企業・事業所だった会員も、平成28年12月14日現在69企業・事業所に増えています。

 現在、それぞれの企業において防災・教育・環境・福祉・地域活動など様々な分野での社会貢献活動を進めており、平成28年度は「障害者に対する理解促進」をテーマに、講話と施設見学と会員企業間の意見交換を行う課題別分科会を開催しました。

 課題別分科会は、品川区障害者福祉課長が「障害者に対する理解促進の講話」として、“事業者としての役割”“雇用主としての役割”“品川区の対応”等について説明。その後、福栄会の施設を見学。第一しいのき学園と第二しいのき学園で、知的障害者の方の業務などを見学しました。見学後の意見交換では、障害者を雇用する際の配慮、障害者施設の入所定員などについて、活発な情報交換がなされました。