グローバルナビゲーション

ねむの木の庭でモッコウバラが見ごろ

更新日:2018年4月19日

四季折々の花が咲くねむの木の庭

 入口はモッコウバラのゲート 淡黄色の花が印象的なモッコウバラ 早咲きのプリンセスミチコも見られる

 西洋シャクナゲも見ごろ 可憐なナルコユリ 白い色が印象的なヒメウツギ

 「ねむの木の庭」(東五反田5-19)で平成30年4月19日、モッコウバラが見頃を迎え、八重咲きの淡黄色の花が訪れる人を和ませています。

 ねむの木の庭は、皇后美智子さまのご実家があった正田邸跡地に、平成16年(2004年)に開園した区立公園。園の名称は、美智子さまが高校生時代に作詞した「ねむの木の子守歌」から名づけたものです。

 園内には美智子さまの名前を冠したバラ「プリンセスミチコ」をはじめとして、美智子さまゆかりのネムノキやシラカバ、天皇皇后両陛下の傘寿のお祝いに植樹したタラヨウの木などが植えられ、四季を通じて様々な花や草木が楽しめる憩い場として区民の皆さんに親しまれています。

 今、見ごろの花は入口ゲートのアーチ状のモッコウバラをはじめとして、西洋シャクナゲ、ナルコユリ、ヒメウツギ、クリスマスローズなどです。また、プリンセスミチコもつる性のものは開花しており、直立性のものも日毎につぼみを大きくしています。


 品川区立「ねむの木の庭」
 住所 : 品川区東五反田5-19 
 開園時間 : 午前9時~午後5時
 入園料 : 無料
 交通機関 : JR・東急池上線・都営地下鉄浅草線「五反田」駅から徒歩10分