グローバルナビゲーション

第5回防災体験フェア

更新日:2018年4月24日

救護訓練

主催者あいさつアルファ化米を使用したおにぎりの配布放水体験

大崎高校防災支援隊演技を見る参加者子どもたちによるチアリーディング

 町会、企業の共催による「防災体験フェア」が平成30年4月21日(土)、豊町四丁目のんき通りを中心に行われ、地域住民など約500人が参加しました。

 同フェアは今年で5回目の開催。平成26年から多くの団体が協力し、工夫を重ねながら毎年実施しています。今年は、荏原第五地域センター管内の4町会と光陽産業(株)、太豊建設(株)など22団体が参加しました。

 フェアでは、初期消火体験、スタンドパイプによる放水、AED操作、煙体験、地震体験などに親子で挑戦する姿が見られたほか、アルファ化米を使用したおにぎりの配布なども行われました。

 また、地域の子どもたちによるチアリーディングも披露され、かわいらしい演技に参加者から温かい拍手が送られました。