グローバルナビゲーション

ねむの木の庭でプリンセスミチコが見頃に

更新日:2018年5月1日

咲き始めたプリンセスミチコを訪ねた人々

 咲き始めたプリンセスミチコ まだつぼみも多いプリンセスミチコ ネムノキを背景に咲くプリンセスミチコ

 シャクヤクも見頃に 足下を彩るガザニア アヤメも見頃

 「ねむの木の庭」で平成30年5月1日(火)、バラの一品種である「プリンセスミチコ」が見頃を迎えました。

 「ねむの木の庭」は、皇后美智子さまのご実家があった正田邸跡地に、平成16年(2004年)に開園した区立公園です。園内にはプリンセスミチコをはじめとして、美智子さまゆかりのネムノキやシラカバなどが植えられ、四季を通じて様々な花や草木が楽しめる憩い場として、区民の皆さんに親しまれています。園の名称は、美智子さまが高校生時代に作詞した「ねむの木の子守歌」から名付けたものです。

 プリンセスミチコは昭和41年(1966年)、当時、皇太子妃だった美智子さまにイギリスのディクソン社が献呈した橙色の中輪のバラです。
 今年は、4月の気温が記録的に高かった関係でしょうか、プリンセスミチコは例年以上に早く咲き始めました。園内には、つぼみがまだ多く見られ、公園管理者によると「ゴールデンウイーク明けの10日頃まで花を楽しめそう」とのことです。
 今、園ではプリンセスミチコの他、シャクヤク、ガザニア、アヤメ等の花が見頃です。ぜひ、「ねむの木の庭」に足を運んではいかがでしょうか。

 品川区立「ねむの木の庭」
   住所:品川区東五反田5-19-5  
   開園時間:午前9時~午後5時
   入園料:無料
   交通機関:JR・東急池上線・都営地下鉄浅草線「五反田」駅から徒歩15分