グローバルナビゲーション

しながわ防災体験館で日本語教室生徒の防災訓練を実施

更新日:2018年5月23日

初期消火訓練の事前説明を受ける生徒たち

初期消火訓練を体験 シアタールームでドキュメンタリー映像を視聴 地震体験者で大きな揺れを体験

 品川区国際友好協会の日本語教室に通う生徒たちが、平成30年5月22日(火)、しながわ防災体験館(区役所防災センター2階)で、防災訓練を行いました。

 訓練は昼の部と夜の部に分けて実施し、計95人が参加しました。

 まずシアタールームで、東日本大震災や阪神淡路大震災の様子などを収めた動画を英語字幕で視聴。その後、初期消火体験では日本の消火器の使い方について説明を受け、実際に放水を体験。さらに、地震体験車で東日本大震災などを再現した震度7の大きな揺れも体験しました。

 訓練に参加したベトナム人の女性は「ベトナムにはこのような施設はないので、役に立つと思った」と感想を話してくれました。また、シンガポール人の男性は「揺れが怖かったが、今日は良い経験ができた」と地震体験車で体験した大きな揺れに驚いた様子でした。

 しながわ防災体験館は、平成28年3月11日にリニューアルオープン。東日本大震災の教訓などを踏まえ、利用者が災害時の正しい知識・技術を習得し、防災意識を高めることができる体験型普及教育の施設です。機会がありましたら、ぜひご利用ください。