グローバルナビゲーション

子ども若者応援フリースペース オープニングセレモニーを実施

更新日:2018年7月12日

看板を手に記念写真
 子ども未来部長 あいさつ セレモニー後の内覧会の様子 子ども若者応援ネットワーク代表 中塚さんあいさつ

 子ども若者応援フリースペース(中延2-2-12-3F)のオープニングセレモニーが平成30年7月12日(木)に行われました。

 同スペースは、ひきこもり・中途退学・不登校・ニート・LGBTなど、社会生活を営む上でさまざまな「生きづらさ」を抱えている子どもや若者の新たな居場所(セーフティネット)として、社会や学校に踏み出すための支援を行うことを目的に設置されます。

 運営は、区内を中心に活動する8つのNPO法人等で構成される「子ども若者応援ネットワーク」に委託し、子育て支援や学習支援など、それぞれの団体のもつ強みを生かした支援を行います。
 また、セーフティネットの機能に加え、悩みを抱えた利用者の相談窓口としての役割も担い、相談内容によって雇用・教育・福祉・保健などそれぞれの部門につなぐ“一元化された相談窓口”として、利用者をサポートします。

 施設には、読書や軽い運動ができるなど、仲間とともに過ごすコミュニケーションスペースや、みんなで食事を作ることもできるキッチンスペース、悩み事などを話せる相談スペース、専門スタッフが常駐するスタッフスペースなどがあり、「安心できる、自信がつく、仲間がいる」をコンセプトとしています。

 「子ども若者応援ネットワーク」の代表の中塚 史行さんは、「悩みを抱えている子ども・若者や、困っている家庭はまだまだたくさんいると感じている。そういう方々にこの“フリースペース”を知ってもらい、少しずつでも繋がっていきたい」と思いを語りました。

【子ども若者応援フリースペース】
開設日:平成30年7月18日(水)より毎週月・水・金曜日 ※祝日を除く
利用時間:午前10時~午後7時
利用年齢:0歳~おおむね39歳とその保護者