グローバルナビゲーション

子どもたちが25メートルのジャンボのり巻きづくり

更新日:2018年7月24日

懸命に巻く子どもたち

順番に具材を乗せている様子   全長25メートル   巻く直前

頑張って巻く区長ら 力を入れて巻く様子 参加した子どもたち 「早く帰って食べたい」(右の男の子)

 「ジャンボのり巻きづくり」が平成30年7月24日(火)、荏原町公園(中延5)前のシャイニングロードで行われました。

 このイベントは、夏休みふれあいこども祭り実行委員会(荏原町商店街振興組合・荏原町町会・中延五丁目町会)が主催し、今年で30回目。地元の幼稚園児や小学生など60人が参加しました。荏原町商店街にある料亭「秀」の料理人が材料の仕込みをしていることから、味もお墨付きです。
 開会にあたり会場にかけつけた濱野区長が「私も参加させていただきます。みんなで熱中症に気を付けながら おいしいジャンボのり巻きをつくりましょう」とあいさつしました。
 
 子どもたちは、用意された焼き海苔の上に具材(すし飯80キログラム、卵焼き15本、キュウリ40本、業務用かまぼこ5枚、おぼろ・デンブ・シイタケ各4キログラム)を順番にのせていき、一気に巻き上げ、昨年と同じ長さ25メートルのジャンボのり巻きを完成させました。
 完成したジャンボのり巻きは、チャリティ販売され、その収益金は西日本豪雨の被災地へ寄附される予定。参加した子どもたちは、あらかじめ用意されたのり巻きを参加賞として持ち帰りました。

 今回、近所に住む小学2年生の男の子は「初めて参加しました。(完成したのり巻きは)まるで大きなヘビみたいに長かった。早く帰って食べたい」と、一緒に来ていた母親を会場に残したまま一人家路へと急ぎました。