グローバルナビゲーション

平成30年度しながわ防災学校「防災区民組織コース」修了式

更新日:2018年9月2日

修了証授与 大井

修了証授与 品川 修了証授与 大崎 修了証授与 荏原

修了証授与 八潮 修了式の様子 記念講演

来賓 本間会長ごあいさつ 記念講演でメモを取る修了生 来賓 高橋消防署長ごあいさつ

 「しながわ防災学校 防災区民組織コース」の修了式が平成30年9月2日(日)、区役所防災対策本部室で開催されました。

 防災に関する各種研修をまとめて「学校」に見立てた「しながわ防災学校」は、地域の防災活動の中心となる「しながわ防災リーダー」の育成が目的。例年、防災区民組織・事業者・区民等を対象にした研修コースの他、テーマ型研修の「防災カフェ」、現地での実践型の「地域実践コース」の計5コースを設定し、座学やワークショップで学びます。

 今年度、ベーシックコースとステップアップコースを通じて、災害対応に必要な基礎知識にはじまり、避難所開設・運営の課題や対策、地域で取り組む被災者支援対策などを学んだ修了生は61人です。

 この日、修了式に参加したのは30人。品川区防災協議会の各地区の協議会会長らが見守る中、濱野区長が代表5人に修了証を手渡し、「災害が起こらず、皆さんが学んだ知識が生かされる機会がないことが一番よいのですが、有事の際にはその知識が地域のために役立つと確信しています」とあいさつしました。

 続いて 来賓を代表し、八潮地区協議会 本間 譲会長と、大井消防署 高橋 典之消防署長があいさつ。また、修了式を記念し、(一財)消防防災科学センター研究開発部長兼統括研究員の黒田 洋司さんが“地域防災リーダーが広げる防災・減災の可能性”をテーマに講演しました。