グローバルナビゲーション

中延ねぶた祭り開催~色鮮やかなねぶたがアーケード商店街を運行~

更新日:2018年9月18日



  

  

  

  

  「第16回中延ねぶた祭り」が平成30年9月15日(土)、中延商店街「なかのぶスキップロード」と昭和通り商店会(東急池上線 荏原中延駅近く)を会場に、開催されました。

 中延ねぶた祭りは、中延商店街の主催で平成2年から隔年で実施し、青森県黒石市が参加、協力。今回で16回目を数える恒例の人気イベントです。

 本場 黒石市から運ばれた大ねぷた(高さ約4メートル、幅約4メートル)のほか、区立東中延児童センターの中高生が製作した小型ねぶたなど、大小7基の色鮮やかなねぶたが集結。午後5時に、昭和通り商店会から出陣し、全長約330メートルのアーケード「なかのぶスキップロード」を往復約3時間かけて練り歩きました。踊り手となる“跳人(はねと)”も多く参加し、威勢のいい「ラッセラー」の掛け声で祭りを盛り上げました。

 また、正午から「昼のイベント“飲食店フェア”」も開催されました。青森県黒石市のご当地グルメ「黒石つゆ焼きそば」の販売や青森県地酒のイベントの他、様々な模擬店が出店。黒石よされ踊り、ベリーダンスの披露や、地元の子どもたちによる金管バンド演奏や花笠踊りもあり、会場は大勢の来場者でにぎわいました。